TOPIC

カラーコーディネーター勉強法

・今日は土曜ですが、午後からカラーコーディネーターの勉強会をしました! 来週末に迫った試験なので、一気に勉強を進めるチャンスです。 集まったのは10名程ですが13時から17時までみっちり勉強して、それなりに手応えを掴んだようです。 ...

・みちゃこ; 2009年08月01日 13:03; カラーコーディネート検定合格おめでとうございます 今度、カラーコーディネートしてください やまざいる師匠が、カラーコーディネートのお勉強もされていたとは! 素晴らしいですね. 4. ぶんすけ; 2009年08月01日 15:46 ...

・資格試験、6月と12月に試験があるカラーコーディネート. 社会保険労務士試験に合格する方法を伝授します。 スポンサードリンク. 資格試験とカラーコーディネーター勉強法サイトトップ >6月と12月に試験がある資格 >>資格試験、6月と12月に試験があるカラー ...

posted by color-cordinator-xweb at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 色を表し伝える

TOPIC

光が織りなす色彩現象

光が織りなす色彩現象ですが、屈折によって発生するのがレインボーつまり虹の色なのだそうです。ほほうなるほどね。

あと光が錯乱・・・じゃなくて散乱することで夕焼けの赤と青い空とが生まれるようなのであります。まだよく理解してはいませんが、どうやらそのような感じなのであります。

また太陽におこる環とか、シャボン玉のあのキレイな輝きなんかも光による色彩の現象だということを学びました。

続きを読む
posted by color-cordinator-xweb at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 光から生まれる色

光とは

光とは・・・神が与えもうた希望・・・じゃなくて、光の正体は電磁波なんだそうです。ここでは光というものを色という点から見た知識を理解していくことになります。

白い光には意外にもすべての色があるようです。それから身の回りにある色んな物にある色が見える原理というものを理解できそうです。少し面白くなってきました。

続きを読む
posted by color-cordinator-xweb at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 光から生まれる色

主な色彩調和論と調和の原則

主な色彩調和論と調和の原則に入っていきましょう。ここではシュブルールの類似の調和や対照の調和を学びます。それからオストワルトの色相や等色相三角形における調和なども重要みたいですから、しっかりと理解しなきゃです。

ムーンスペンサーやジャッドの調和論などもあってだんだん気分が重くなってくる・・・なんていわずにファイト一発、今日も元気にオロナミンCで頑張ろうと思います。

続きを読む
posted by color-cordinator-xweb at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 配色と色彩調和

色彩調和の考え方

さて色彩調和の考え方というところなんですが、なかなか理解すべき知識の量も本格的に増えてきます。色の属性別の配色とか色相差による配色なんかです。

配色といっても明度や彩度の差によっていろんな見え方をするので、どのような特徴があるかをしっかりと理解する必要があるのですが、頭がこんがらがってきそうです。

またトーン差によるものもあって、夢がいろんな色で配色されそうな気配です。

続きを読む
posted by color-cordinator-xweb at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 配色と色彩調和

カラーオーダーシステムによる方法

カラーオーダーシステムというのがなんとも手強そうです。まずでてくるのがマンセルシステムというやつです。マンセルは人の名前のようですが、発見した方ですかね?

一見した感じではうまく説明できません。マンセルシステムによる色表示の仕方とか、色の三属性とトーンの関係、そしてCCICなんてのまであります。ひぇー。

それからNCS。さらにはPCCSというカラーシステムを理解して把握しておく必要が大のようで、ちょっと気後れしつつあります。

色彩検定の男女比。 /kona

カラーコーディネーターの仕事はよく・・・ ?年齢不問?働き方が自由?ママ&主婦でもOK! などと言われています 確かに、結婚や出産を転機にリ・スタートされる方や「転職するには(少し)遅いのでは?」と思われる年齢の方でも、今までのスキル&経験を ...
⇒http://blog.livedoor.jp/scc2/archives/51147578.html

東京商工会議所カラーコーディネーター検定試験

東京商工会議所カラーコーディネーター検定試験『指導者養成&認定講座』カラーコーディネーターとは、色のスペシャリストと言っても過言ではないと思います。 あらゆるカラーコーディネーターにとって色は人間の心理を作用する物の1つだと言われています。カラーコーディネーターに限らず例えば気分が暗い時に、緑などの景色を見ると気分がすがすがしくなったり、青を見ると落ち着いたりしませんか
⇒http://blog.goo.ne.jp/abe123m/e/53b78b89ffe6d7df702c013b55c553b4

本日、色彩士検定

本日、1月20日(日)は「色彩士検定」が行われます。 コミックデザインコース1年生も全員で「色彩士検定3級」を受験します。 後期開始時から、色彩のテキストを使って、少しずつ知識を蓄えていき、12月から1月にかけては、過去の問題を解くことで ...
⇒http://cmyself.exblog.jp/7115457/

続きを読む
posted by color-cordinator-xweb at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 色を表し伝える

表示方法とその特徴

まずは色の表示方法とその特徴なんですが、いろいろな項目があるのでこれもやはり難関です。まずは色見本の方式を覚えて、それから色名を把握せねばなりません。

あとはその色名の種類ですね。これがなんともやっかいです。慣用色名とか系統色名なんかがありますね。

あとその系統色名なんですが、略号ってのがあって、有彩色の場合とか色みを帯びた無彩色の場合なんかがあって、最終的にはごちゃごちゃに頭の中がなってわけがわからなくなりそうです。

続きを読む
posted by color-cordinator-xweb at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 色を表し伝える

色がもたらす心理的効果

色がもたらす心理的効果についてですが、結構量がありますね。まず色が心に刻むもの。そして色の三属性が表す心理的効果ってやつです。これは結構難しい・・・。

それから色相と明度、あと彩度の心理的効果、もちろん他の色の要素からくるものも覚えなくてはなりませんので骨が折れるって感じです。あとそういったことを踏まえた上で色のイメージを探らなければなりません。

続きを読む
posted by color-cordinator-xweb at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 色と心理

色の連想と象徴

この色と心理というのもなかなか厄介かもしれません。まず色の連想と象徴からやってみようと思いました。色から何を連想するかといっても、それは人それぞれというか感性によって違うのじゃないのかなぁと思いつつ進めてみました。

また色が象徴するものということですが、これは伝統的というか昔からなんとなく決まりきったようなものってあるなぁと思いました。

続きを読む
posted by color-cordinator-xweb at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 色と心理

色が見えるまで

色の性質にはまだまだいろいろとあります。色が見えるまでというのが言葉ではなんとなく理解できるのだけれど、問題となるとぬぬっとなるようなものばかりです。

その内容としては、光と物と眼が色を決めるだとか、物理的な色の世界などがあって、よく言葉を読んで、イメージを働かせながら、視覚的に理解しておきたいところです。

また心理的な色の世界というのもありますので、しっかりした理解はもちろんですが、結構読んでいて楽しいところでもありますね。

続きを読む
posted by color-cordinator-xweb at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 色の性質